院内技工のこだわり

院内技工のこだわり

院内にはベテラン技工士が常駐しています!
みなさんのお口に入れる入れ歯やかぶせ物などをお作りするのは、歯科技工士の仕事です。多くの歯科医院では、型取りして出来た模型を、歯科技工所に郵送して技工物を作ってもらっています。
徳田歯科医院では、ほぼ全ての入れ歯やかぶせ物を、歯科技工士が院内で製作しているんです。

院内に技工士がいる利点

型どりは医師と技工士でダブルチェック

細かい型取りのミスも見逃さないように2人で確認し、もし小さなミスでも見つかれば、再度型取りを行います。

石膏が固まるまではお口の中と同じ環境に

石膏が固まるまでは、熱帯魚用のヒーターが取り付けられている箱の中で保管します。石膏が固まるまでお口の中と同じ温度・湿度に保つことができるようになっています。これも模型の精度を上げるためです。ここまでしている歯科医院はなかなか少ないのではないでしょうか?

より精度を高めてしっくりくる噛み合わせを

型取りしたものは弱い力でも変形しやすく、石膏の流し方ひとつでも模型の精度が下がってしまいます。この作業を助手や衛生士に行わせている医院も多いですが、当院では経験と知識のある技工士がこの作業を担当しています。

技工士が患者様と相談しご希望にあう白いかぶせもの

歯の色・形は一人一人違う上、一本の歯でも実はさまざまな色が複雑に入り交じっています。これを自然な状態で違和感なく再現するため、技工士が直接患者さんの要望を伺ったうえで、撮影写真を見ながら、色味を再現してかぶせ物を作っていくんです。

入れ歯の修理などはその場で

入れ歯が割れてしまったり欠けてしまったりしたときでも、簡単なものならその日のうちに修理することができます。しかも熟練した技工士が行うことで、継ぎ目もわからないぐらいきれいな仕上がりとなります。

BPS認定技工士です

BPSは、IvoclarVivadentとヨーロッパの歯科大学臨床医が共同で開発した総入れ歯を製作するためのシステムです。
BPS器具・機材を使用し、BPSデンチャー製作のトレーニングコースを受講し、認定テストに合格した歯科医師だけが、BPS認定医としてBPSデンチャーを製作することができます。同じく技工士も、BPSデンチャー製作のトレーニングコースを受講し、認定テストに合格した歯科技工士だけが、BPS認定技工士としてBPSデンチャーを製作することができます。
設備も最新機器のイボクラールビバデント社のイボベースを導入しております。

※BPSデンチャーについて詳しくは入れ歯ページをご覧ください