医師・スタッフ

医師・スタッフ

理事長 徳田 好一(とくだ よしかず)

京都・西陣の地に生まれ育つ。受験直前に父親が亡くなり、進学をあきらめ、織屋をしていた父親の跡を継ぐことを選ぶ。
32歳のときに店を畳み、34歳で歯科技工士になる。朝から晩まで入れ歯を作り続ける激務を経験するが、「技工士の力だけでは患者さんの口に合った入れ歯は作れない」と感じ、36歳で日本大学歯学部に入学。42歳で歯科医師となる。1990年徳田歯科医院開業。

メッセージ

私は34歳で歯科技工士になり、毎日入れ歯を作り続けました。その中で、「歯科医師としての正確な診断や、精密な模型がなければ理想の入れ歯は完成しない」と思うようになり、36歳で技工所を辞め、日本大学歯学部に入学。病院勤務(2年)を経て、徳田歯科医院を開業しました。過去20数年間で1万個近くの入れ歯を作成しており、入れ歯の技術は高く評価していただいています。

徳田歯科医院が軌道に乗り出した45歳のとき、母親が誤嚥性肺炎により他界しました。当時は、今のようにお口の中を清潔にする「口腔ケア」が、誤嚥性肺炎の予防につながることは知られていませんでした。歯科医師でありながら、母親を助けられなかったことは非常に残念で、「母親と同じような高齢者の方々の力になりたい」という思いで、201?年より訪問診療を開始いたしました。

訪問診療のメリットは、患者様一人ひとりに向き合い、丁寧な診療ができること。保険治療内であっても、材料と技術に妥協せず、高品質の義歯をご提供することが当院のこだわりです。
口腔ケアや、適切な入れ歯で咀嚼することで、全身機能の向上が見られることも珍しくありません。歯科医師として、地域のみなさまの健康に貢献できることに感謝しております。

経歴
  • 昭和55年

    三重県立公衆衛生学院卒

  • 平成元年

    日本大学歯学部卒

久治 寛(ひさじ ゆたか)

  • 歯科技工士

  • メッセージ

    歯科技工を始めて20年になりました。
    この経験をいかして、技工士としてできるかぎり患者様のお役に立ちたいと思っています。
    前歯の色や入れ歯などで悩んでいる人は、遠慮なくご相談ください!
    患者様の期待に沿える物を作っていけるように日々努力していきたいと思っています。

坂口 めぐみ(さかぐち めぐみ)

  • 歯科衛生士

1991年兵庫歯科学院専門学校卒業後、徳田歯科医院に勤務。出産・育児のために一旦退職するが、理事長の勧めで2016年より同院にて訪問診療を担当。大久保暮らしは20年以上になる。

メッセージ

私自身、おじいちゃん・おばあちゃんっ子でしたので、高齢の方とお話をするのが大好きです。患者さんやご家族とは、地元のおいしい野菜の話で盛り上がるなど、会話を楽しませていただいています。

訪問した際に、前回よりもお口の中がきれいになっていると、「がんばって磨いてくださったのだ」と嬉しく感じます。ご家族から「ご飯が食べられるようになった」などと喜びの声をいただくと、やりがいを感じます。

理事長や歯科医師の人柄はもちろん、スタッフの雰囲気がよいのが当院の特徴だと思っています。私は育児によるブランクを経て当院に戻ってまいりましたが、訪問診療で、以前外来で通ってくださっていた患者さんと再会することもあります。患者様との長いお付き合いの中で、お口の健康をサポートさせていただけることに幸せを感じています。

宮原(みやはら)

  • 歯科衛生士

水田(みずた)

  • 歯科衛生士

竹中(たけなか)

  • 歯科助手

南(みなみ)

  • 歯科助手