歯のコラム最新記事

コロナフレイル

歯の基礎知識

日本で最初にコロナ感染者が現れたのは2020年1月15日です。あれから約2年、私たちの生活はがらりと変わり、常にマスクを装着しているため誰かと話していてもその表情を伺うことが難しく、外出も自粛するようになったため人と人との交流が希薄になってしまいました。

 

するとどうなるか・・・

マスクをずっと装着していると喋ったり表情を変えるということを怠り、口腔筋や表情筋を動かさなくなるため、筋力低下につながります。また、マスクによる息苦しさから自然と口呼吸になるため、口腔乾燥も発症してしまいます。

外出自粛により人と接する機会が減り話すことを怠ると、口を動かさなくなるため口腔筋が衰え、不交流による社会性の低下にもつながります。そして外出しないということは体を動かす機会が無いため、全身の筋力低下が起こり、動かないということは食事の量も減り、栄養状態の悪化につながります。

 

コロナは単なる感染症ではなく、フレイルを引き起こしてしまうということです。

新型コロナウイルス感染症の予防だけでなく、コロナによるフレイルを予防し、健康な心と体でコロナ禍を乗り切りましょう!

コロナフレイル